ほうれい線・頬のたるみの美容鍼施術

こんにちは。
鍼灸師の髙瀬です。

ほうれい線・頬のたるみの美容鍼(びようしん)施術についてお話していきます。(掲載許可済)
40代女性
「ほうれい線や頬のたるみが気になる。お仕事で営業をしている為、印象をよくしたい」と来院されました。
また、この方は身体(首や肩)の鍼治療を受けた事があるのですが、お顔の鍼は初めての為、「顔に鍼をするのが怖い。痛そう」と少し恐怖心をお持ちでした。

【原因】
ほうれい線は小鼻の横が目立つものと、口元付近が目立つもので原因が異なります。
この方は左側は小鼻が目立つもの、右側は口元付近が目立つもので左右で見え方が違いました
小鼻の横が目立つものは物を食べる時に片側に偏って食べるなど奥歯を噛み締める筋肉が緊張してしまうことが原因で起きてきます。
奥歯を嚙み締める筋肉が緊張してしまうと頬に厚みができ、小鼻の横にある筋肉がうまく使えず衰えてしまいほうれい線として目立ってしまいます。
口元付近が目立つものは頬の筋肉の支える力が弱い事や首や肩の筋肉の緊張が原因で起きてきます。首や肩の筋肉が緊張するとお顔の筋肉を下に引っ張ってしまい口角が下がり口元付近のほうれい線が目立ってしまいます。
ほうれい線があると実際の年齢よりも高く見えやすくなりますが、小鼻の横が目立つものと、口元付近が目立つものとで見え方の印象も少し変わってきます。
小鼻の横は噛み締める筋肉が原因の為、エラが張りやすくなり、頬に厚みもできるのでお顔を丸いふっくらとしているような印象にしてしまいます。
口元付近はお顔の筋肉を下に下がっている事が原因の為、口角も下がり疲れているような印象にしてしまいます。

たるみはほうれい線と同じように首や肩の緊張によりお顔の筋肉を下に引っ張ることで起きます。特に首や肩の緊張により起きてしまうたるみは頬の位置がさがり、フェイスラインを重たい印象にしてしまいます。
また、お顔の筋肉がうまく使えないと筋肉はどんどん衰えてしまい、支える力が弱くなることでもたるみが起きます。
特に首や肩の緊張がある方は頭の筋肉も硬くなりやすく、頭の横の筋肉(耳の上)が硬くなると目元や頬の筋肉を上に引き上げる力が弱くなりお顔のたるみとして目立ってきます。

【施術】
美容鍼
しわやたるみに対して局所的に施術をするのではなくしわの原因となっている箇所、筋肉の緊張が強い箇所、筋肉の動きを改善した方が良い箇所に施術を行いました。
筋肉の緊張が強い部位は同じ筋肉をずっと使っている為しわが出来てしまうだけでなく、緊張が強い箇所だけ発達し、お顔がゴツゴツした印象になってしまいます。
また、筋肉の緊張が強い、筋肉がうまく使えていない箇所があると血流も悪くなり、むくみやくすみなどの他のお悩みの原因になってきてしまいます。
しわやたるみだけを改善していくのではなく、原因となっている箇所からアプローチする事で効果の持続、しわができにくいたるみにくい状態にしていきます。

【効果】
施術後、鏡で確認していただくと「フェイスラインがスッキリしている。頬の位置が高くなった。ほうれい線もたるみも気にならなくなり、口角が上がりやすい」と言っておりました。
今まで筋肉が使えていなかった箇所が使えるようになることでたるみが改善されリフトアップしているのでフェイスラインがスッキリしていました。ほうれい線が目立たなくなるだけではなく、頬の位置が高くなり口角が自然と上がるようになっていました。
また、お顔全体の血流が良くなりトーンアップもしていました。
【自宅ケア】
継続して筋肉の緊張を和らげることで施術の持続性も上がります。
この方にはこちらのケアをお伝えしました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.yg-seikotsuin.com/beauty/898/

この方は「顔に鍼をするのが怖い。痛そう」と少し恐怖心をお持ちでしたが、施術後には「全然痛くなかった、リラックスできた」と言って頂けました。
「顔に鍼をするのが怖い」「鍼自体が怖い」「注射みたいに痛そう」と思われる方も多くいます。鍼にも様々な種類があり、お顔にする鍼は特に細いものを使用しているので痛みはほぼありません。

痛みに敏感な方でも安心して受けていただけるようお一人お一人に合わせて鍼の打ち方やアプローチ方法を変えています。
美容鍼受けたいけど中々踏み出せないという方、是非一度当院にご相談下さい。

関連記事

  1. 足のむくみセルフケア

  2. ラジオ波(美容)とは

  3. 紫外線はたるみの原因の8割?!

  4. 鍼(はり)、美容施術は日曜日に対応させて頂いております!

  5. 新しく鍼灸治療を担当させて頂くことになりました!

  6. 頭皮をほぐしてリフトアップ