眼精疲労のセルフケア

こんにちは、鍼灸師の小那覇です。

みなさん、お家で過ごす時間が増えてしまい日常生活に支障が出てる方も多いと思います。

今日はお家でできる簡単な眼精疲労のセルフケアをお伝えします!

 

 

必要なもの

・フェイスタオル

・薄手の布(手ぬぐい、綿のハンカチなど)

・保冷剤×2(目の上に置ける大きさ)

 

1.まずフェイスタオルを濡らして絞ります。この時しっかり絞らず、軽く水気が残るぐらいでお願いします。

2.保冷剤を薄手の布で包みます。目に当たる側の布が1重もしくは2重くらいになるように折りたたみます。

3.濡れたフェイスタオルを電子レンジで1分~1分30秒で温めスタート!

4.保冷剤を目の上に乗せます。痛くなければ軽く押さえて眼球全体に当たるようにするとさらにGood!その状態で1~2分冷やします。

→そうすることで使い過ぎて熱を持った目を冷やすと同時に、周囲の血管を収縮させます。

5.電子レンジからホットタオルを出して、熱すぎないか確認してから目の上に乗せます。

→冷感刺激で収縮じた血管を温めて血管を拡張させます。そうすることで血液の流れが良くなり疲労物質を流れやすくしてくれます。

6.タオルの熱さが落ち着いてきたら、タオルを広げまだ温かさが残ってる部分を首~肩に押し付けながら揉んでいきます。

→ホットタオルで筋肉を揉むことで筋肉が緩みやすくなり、コリもほぐれやすくなります!

 

 

いかがでしょうか?

説明を読んでるだけでも、気持ちよくなれそうですよね!

もし刺激が足りないのであれば、もう1セット続けてやっても良いかもしれません。

ただし、保冷剤を直接皮膚の上にのせる、熱すぎるホットタオルは予想以上に熱くなってるので我慢は禁物です!

是非、試してみてくださいー!!

 

関連記事

  1. はりメニューを拡充予定です!

  2. 首肩の痛み、頭痛・眼精疲労の治療

  3. 紫外線はたるみの原因の8割?!

  4. 乾燥に負けないためには?!

  5. 6月より新メニュー導入致しました(鍼治療コース・美容コース)…

  6. 鍼治療はいかがですか?