三叉神経痛について

皆さん、こんばんは😊
鍼灸師の杉西です。

今日は『三叉神経痛』(顔面神経痛)についてご紹介します。

三叉神経とは……
顔の皮膚と、口の中の粘膜、歯と歯茎の感覚を司る神経が「三叉神経」です。 このエリアのどこかに、びりっとくるような瞬間的な激痛をおこす病気が三叉神経痛です。 痛みが激しくなると食事がとれなくなったりすることがあり、日常生活に支障をきたします。

痛みは激烈な痛みで、波があり
刺されるような痛みです。
左右どちらかの半顔に症状が出る事が多いです。

《原因》
明確な原因は不明ですが、
脳神経を血管が強く圧迫し
血管が拍動する度に大脳に痛みとして認識されてしまいます。

《治療》
まずは、抗てんかん薬💊
最後は外科手術(神経と血管を離す)
⭐️鍼灸でも三叉神経痛の治療もあります!

🐶私は、先月初めて『三叉神経痛』になってしまいました( ; ; )
最近になって症状は落ち着きましたが、痛みと不安でいっぱいでした🥺
体験した事や感じた事など、何かお力になれたら嬉しいです✨
お気軽にご相談下さい

神経痛はストレス、疲労で増悪します。
自分自身が楽しいと思う事など
ぜひ沢山してほしいです☺️

関連記事

  1. 辛い首肩のコリ

  2. 秋の養生

  3. 秋冬の身体メンテナンスケア

  4. 大寒から立春に向けて

  5. 万能なツボ

  6. 天候ストレス