首のコリって辛いですよね

みなさん、こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか?

在宅勤務から出社へと形態が変わってきている方もいると思います。

長時間デスクワークをされたり、同じ姿勢をとっていたりすること多いですよね…。

首が辛い…。呼吸が浅い気がする…。などの悩みはありませんか?

そのような悩みを発生させる筋肉とその筋肉を緩めたらどんなメリットがあるのかをお話していきます!

『胸鎖乳突筋』

まず紹介するのは首を支える大きな筋肉である胸鎖乳突筋です。横を向く・下を向くときに働いてくれます。

さらには呼吸筋の補助をしてくれる大切な筋肉です。デスクワークや長時間のスマホ操作など、ずっと下を作業している方の胸鎖乳突筋はおそらくとても硬い…!

そこで胸鎖乳突筋のコリを和らげることで、辛い首のコリ・痛みを改善!また、首も動かしやすくなるだけではなく、呼吸もしやすくなります♪

『斜角筋』

次に紹介するのは斜角筋です。斜角筋は胸鎖乳突筋の下にあり、とても細い筋肉です。胸鎖乳突筋と働きは同じですが、斜角筋は肋骨に付いているので、息を吸う時に特に働きます。

また、斜角筋が働きすぎてしまうとその近くを通る血管や筋肉がダメージを受け、手がしびれたり、力が入らなくなったりすることも起きてしまいます。

なので!しっかりと斜角筋を緩めることはとっても大切なのです!

『板状筋』

最後に紹介するのが、板状筋です。板状筋は首の後ろにある筋肉で、上を向くときに特に働く筋肉です。

首の後ろ側が辛いな…と感じる人の多くは、板状筋のコリが原因の一つです。板状筋がこると、頭の筋肉も関連してこっていき、頭痛も引き起こすことがあります。

お風呂に入ったり、首をホットタオルなどで温めてあげることでも少し楽になると思います!

首の疲れを感じたら首を回してみるのもいいかもしれませんね♪

上の写真のように、胸鎖乳突筋・斜角筋・板状筋に鍼をうつことで、筋肉をほぐし、首の血流を良くします。

当院は、症状に合わせた治療を行っております。お気軽にご相談ください。

ご来院お待ちしております♪

関連記事

  1. 生理痛って辛いですよね……

  2. 辛い首肩のコリ

  3. 万能なツボ

  4. 筋緊張性頭痛からくる耳周りのピリピリ

  5. 天候ストレス

  6. 自律神経を整えましょう