セルフケア(ゴルフボール編)

池ノ上駅前YG整骨院の八木です。

季節の変わり目、寒暖差も大きく天候も変わりやすく気圧の変化が起きやすい時期です。
身体の不調を訴える方も増えています。

私も以前に痛めた捻挫の後遺症で関節炎を起こしていました。
特に何をしたとかではないのですが、日中から夕方にかけてなんか気になるなと思い確認してみると、足首に水が溜まっていて背屈制限(つま先を上に持ち上げる動きの制限)が強く出ていました。特に階段の上りや片足に体重をかける動きで痛みがありました。
症状に合わせたケアを試みました。
1溜まっている水を散らす
WINBACKを使って温熱、マッサージで溜まっている水を散らすように施術しました。
体内の%は水分で出来ており、炎症が起きるとその水分が炎症部に集まってきて関節液となります。炎症が引いてくると集まってきた水分も徐々に身体全体に散っていきます。
しかし炎症部は熱を持つので、身体の恒常機能で熱を冷まそうとし、血流が悪くなるため関節に溜まった水が散っていくのに時間がかかります。
温熱、マッサージを加えることで血流が改善し関節液を散らす手助けを行いました。
腫れぼったさもなくなり、全体的にスッキリしました。
2背屈制限(つま先を上に持ち上げる動きの制限)を取り除く
足首周りの痛みに、セルフケアとしてお勧めなのがゴルフボールを使ったマッサージです。床に置いたゴルフボールを足の裏でコロコロするだけです。
100均にも売ってますのでお手頃で簡単です。
(私も100均で買って2個入りが半額だったので難しい計算になりますがかなりお買い得でした)
私は背屈制限があったので原因となる筋肉、特に長母指屈筋という筋肉を重点的にやりました。背屈での痛み、強く踏み込むのも楽になりました。自分で体験してみて改めて効果を実感しました。

原因が判っても症状がいい方向に向かうようにならなければ、良くありません。
その瞬間瞬間で何をするのが最適かしっかり判断していきます。

季節の変わり目で心も身体もどんよりしやすい時期ですが乗り越えていきましょう。

関連記事

  1. 足首の捻挫、後遺症になる前に!【世田谷区、池ノ上駅前、YG整…

  2. ひざの痛み、水が溜まる、ひざ関節炎、変形性ひざ関節症に対する…