四十肩、五十肩  肩が動かない、動かすと痛むなどでお悩みの方

池ノ上駅前YG整骨院の八木です。

肩関節周囲炎、いわゆる四十肩の施術についてです。

40代女性(バレーボール)

症状
・背中の痛み(首~背中の強い張り)
・肩が動かしづらい、動きに痛みを伴う。
・生活中の思いがけない動作で激痛
・夜中寝返りで痛み

バレーのブロックではじかれたときに痛めてから、この症状が1年近く続いていました。
チェックしてみると
・バンザイが出来ず無理に上げようとすると肘が曲がってしまう。
・腕を外側に持ち上げる動き(外転)は90°で痛み
・後ろ手で反対側の肩甲骨を上から、または下から触る動きが辛い、動きが悪く触れない。
 (肩甲骨に触れることが出来ない方は症状がなくても要チェックです)

肩関節は他の関節に比べ可動域が広く(緩い)そのほとんどを筋肉で支えています。
腕の重さはビール瓶2本分程あり常にその重みを筋肉で支えています。
動かすときに常に筋肉が使われているため、安静にするのが困難であり症状が長期化するケースが多いです。

この方は整体での施術の後に温熱整体にて中の筋肉の癒着(他の組織とくっついて動きを悪くしている原因)を取り除き関節の動く範囲を広めていく施術を行いました。

施術後は90°しか上がらなかった外転は耳に着くようになり、バンザイも肘を曲げずに出来るようになりました。
動きが広がったあとは、今まで動いていなかった動きを生活の中、スポーツ中でも使えるようにしていく必要があります。

当院では痛みの原因をしっかりと理解し、その原因を改善する様な施術を行います。

関連記事

  1. ぎっくり腰の原因と再発防止の対処法について【世田谷区 池ノ上…

  2. 足底筋膜炎 かかとの痛みでお悩みの方へ 【世…

  3. ぎっくり腰、腰痛の方が増加しています。対処法について

  4. 強い腰の痛みがある場合はお風呂で温めないほうが良い【世田谷区…

  5. ぎっくり腰予備軍(水分補給で予防)

  6. 冬本番 ぎっくり腰、寝違え、手足の神経痛が急増する理由